アプリ・システム開発
Eclipseの知識・困った解決のページ

日本語化に失敗したとき

こんな状況

Eclipseをパソコンにインストール(実際にはダウンロードして解凍しただけ)しました。

Eclipseはそのままだと英語なので、日本語化もしておきたいところです。

日本語化プラグイン「Pleaiades All in One」パッケージというのがあります。最初からこれをインストールするのが最も楽です。

ですが、Eclipse本体( for PHP Developersなど)をダウンロードして既にインストールしてしまった状態の場合、 アンインストールしてやり直すのは忍びないですね。

インストールしたEclipseが、「Pleaiades All in One」パッケージではない場合は、個別の日本語化プラグインを探してインストールする必要があります。

日本語化の手順

Windows7にて。EclipseのバージョンはMars2 Release4.5.2。

1.個別の日本語化プラグインを入手する

Pleiades日本語化プラグインのダウンロード

上記「Merge Doc Project」 Eclipse 日本語化プラグインの配布Webサイトを開きます。

Pleiades All in Oneパッケージのボタンが並んでいるあたりの下にあります。

pleiadesプラグインの「安定版」と書かれたリンク先のページから、「pleiades_1.6.0.zip」をダウンロードします(バージョンは例)。「-src.zip」のほうはダウンロードしてもしょうがありません。

ダウンロードができたら解凍します。

2.Readmeを読みます

解凍したフォルダの中にあるReademeを読みます。←これ大事

それらしきTXTファイルが2つありますが、readme_pleiades.txtのほうです。

その中の「インストール/アンインストール」の項目です。

以下、読んだあとに私がやった順番です。

3.featuresとpluginsフォルダをコピペ

解凍したフォルダの中にあるfeaturesとpluginsフォルダを、Eclipseをインストール(実際には解凍のみ)したフォルダにコピー&ペーストします。

4.Readme内の2行をeclipse.iniにコピペ

Eclipseをインストール(実際には解凍のみ)したフォルダにあるeclipse.iniを念のためコピーしてバックアップをとっておきます。

そして、eclipse.iniを開いて、最終行にReadme内記載の2行を追加します。

5.-cleanもコピーして実行

解凍したフォルダの中に「eclipse.exe -clean」というコマンドスクリプトファイルがあります。これも、Eclipseをインストール(実際には解凍のみ)したフォルダへコピー&ペーストします。

そして、ダブルクリックして実行します。少し待機。

Eclipseを起動すると日本語化に成功しました!

メニューが日本語になっています。

メモ

なんか上手く日本語化にならないな、と思っていたらeclipse.iniのコピーしたバックアップファイルのほうを一生懸命いじっていました。・・・。

プラグインのバージョンによっては、iniファイルに追加する行内容が異なる可能性があります。なのでReadmeを読むことが大事です。

作成日:
更新日: 文章を少しわかりやすくしました。